ミツバチ針治療驚異の効果!卵巣嚢腫の手術が不要になる!

蜂針療法

ミツバチの針を使った蜂針療法は、子宮筋腫など
婦人科疾患に効果があることは、このブログでも
何度も書いてきました。

今回は卵巣嚢腫に対してミツバチの針が
顕著な効果があった例についてご紹介しますね。

 

もう何年も前のことですが、卵巣嚢腫に悩む40代の方が
蜂針療法を受けに来たことがあります。

この方はすでに子どもの夏休みに合わせて卵巣嚢腫の
手術をすることが決まっていました。

良性の腫瘍だったため緊急に手術をする必要がなく、
子どもの長期の休みに手術をすることになっていたんです。

そこで少しでも手術の時までによくなれば、
ということでミツバチ針治療を試してみる
ことにしたのです。

この方は最初週1回くらい、頻繁に蜂針療法を
やるようにしました。

卵巣嚢腫の場合、下腹部にミツバチの針を打ちますが、
腰にも同じように打ちます。

 

また全身のツボにも一通り打っていきます。

私のところのやり方は、全身を一通り針を打ち、
その上で患部を重点的に施術するイメージです。

かなり頻繁に手術まで蜂針療法をやりました。

手術の日が近づいて、病院で検査したところ、

「卵巣嚢腫が小さくなったので、手術は様子を見ましょう」

と担当医から言われたんです。

ご本にはとても喜んでいましたよ!

手術となれば仕事も長期に休む必要があるし、
子どもの世話もできなくなります。

できればそれは避けたいですよね。

卵巣嚢腫に限らず、子宮筋腫が小さくなった、
という例もいくつもあります。

それだけミツバチの針には医学は説明できない
効果がある、ということです。

参考にしていただければうれしいです。

 

タイトルとURLをコピーしました