乳がんはなぜ増えているのか?

蜂針療法

やまぐち美蜂のブログをご覧いただき
ありがとうございます。

みつばちの針を使った蜂針療法をやっていると、
乳がんについてのお問い合わせがよくあります。

これまで乳がんが小さくなった、という例は
いくつもあります。

また再発がこわいので、蜂針療法を受けたい、
という方も何人もいました。

つまりみつばちの針は乳がんに効果的、
ということなのですが・・・

ではなぜ乳がんが増え続けているのか?

最も大きな原因は食生活の変化、つまり
食事の欧米化ですね。

お米を中心に、魚、野菜を多く食べていた時代は、
乳がんは少なかったんです。

でも戦後、肉や乳製品、パンの消費が増え、ごはん、
みそ汁、漬物など伝統食の消費が減りました。

それに従って乳がんも増えてきたんです。

今ではお米やみそ汁をまったくとらない、
という人もいるくらいですから恐ろしくなります。

日本はたった30年くらいで、伝統的な食生活を
すっかり捨ててしまったんです。

その結果として、少なかった乳がんや大腸がんが
増えたわけです。

蜂針療法はたしかに乳がんに効果がありますが、
その前に食事を見直す必要があるのです。

まず主食を見直しましょう!

お米、できれば玄米がいいですね。

主食が変われば、副食も変わってきますし、
間食も少なくなってきますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました