蜂針療法に加えて吸引療法をやっています

蜂針療法

2016年リオ五輪の際、マイケル・フェルプスをはじめとする
アメリカ水泳チームの選手たちが吸引療法をやっていたのを
ご存知でしょうか?

当時英文雑誌TIMEに小さい記事が載っていて、筋肉がほぐれる、
疲れがとれるといった効果がある一方、医学的にはまだ認められていない、
と書いてあって記憶があります。

 

日本でも吸引療法(カッピング、プハン、吸い玉療法とも)
をやっているところはあります。

私のところでもやっていますよ!

蜂針療法と合わせてやっています。

吸引療法にはどんな効果が?

背骨の脇に東洋医学で言うツボが集中してあり、
そこにカッピングすることでいろいろな効果が期待できます。

  • 血行がよくなる
  • 老廃物が排出される
  • 筋肉のコリがほぐれる
  • 内臓の働きがよくなる
  • 自律神経を整える
  • 免疫力を高める

などの効果が期待できるといわれています。

カッピング専用のマシンもあるようですが、私のところでは
アルコールをカップ内に吹きかけて、ライターで火をつけて
肌に押し付けるやり方です。

原始的ですが、効果は同じですよ!

血流が悪い箇所は色が濃くなります!

血行が悪い場所ほど色が赤く、時には黒くなります。

他のサロンや治療院ではこれで終わりですが、
私のところでは蜂針療法をやるので、ずっと効果は高いのです。

特に色が濃く出た場所に重点的に蜂針を打つことで、
コリや痛みを緩和することができます。

 

東洋医学では背骨の脇にたくさんのツボが集中しています。

そのツボを吸引で刺激して、さらに蜂針をするのですから
効果が高いのです。

希望の方はお申し付けください。

蜂針療法を受ける方には今のところ無料でやっています。

タイトルとURLをコピーしました