水がたまった膝をミツバチ針治療で改善する

蜂針療法

やまぐち美蜂のブログをご覧いただき
ありがとうございます。

今日は暖かかったけど、かぜが強かったですね。

さて今日は県外から膝が痛い方がいらっしゃいました。

かなり痛そうに、片足を引きずりながら歩きます。

歩くときと、ひざの曲げ伸ばしをする際に痛みがあり、
動かしにくさがあるそうです。

膝に水がたまるのは、関節のどこかが傷ついて内出血しているか、
軟骨が傷ついているか。

あるいはリウマチなどが原因で炎症を起こしているか、
などの理由が考えられます。

その方はリウマチではないので、関節または軟骨が
傷ついていると推測されます。

膝のツボ、および痛みがある箇所に軽く
みつばちの針を打っていきました。

委中などひざの後ろ側のツボも打ちます。

一番痛みがある場所はみつばちの針を打っても
痛みを感じません。

一通り治療が終わった後歩くと、少し痛みが
楽になり、「膝がすっきりした」と言っていました。

できれば週1回ほど3,4回やれるといいのですが、
遠いですからね。

すべてではありませんが、みつばちの針を使うと、
膝の痛みを1回で大きく改善することができます。

膝に水がたまっている、お座りができない、歩くのが
つらいという方は、試す価値ありです。

 

タイトルとURLをコピーしました