蜂針療法はなぜ四十肩、五十肩に効果が高いのか?

蜂針療法

やまぐち美蜂のブログをご覧いただき
ありがとうございます。

先日紹介で、埼玉県からみつばち針治療に
来た方がいます。

50代男性。ちょっと前から肩をあげたり
動かしたりすると、痛みがあります。

小指、薬指はわずかですが、しびれもあります。

病院で診てもらったところ、いわゆる五十肩。

痛み止めはしたくない、ということで、
日常生活の注意点だけ受けて病院からは
帰ってきたそうです。

そんな時知り合いから蜂針療法について聞いて、
私のところに来ました。

五十肩という病名はなく、正式には肩関節周囲炎。

肩関節に炎症が起こることで、40から60歳に多く
発症するため、四十肩、五十肩と俗に言われています。

四十肩・五十肩は蜂針療法・みつばち針治療が
かなり得意な分野です。

なぜかというと、みつばちの針に含まれる液は、
炎症をやわらげ、痛みを抑える効果が高いからです。

しかも一度よくなると、痛みがぶり返すことはありません。

この方には、腕を動かしてもらい、痛む箇所に
印をつけていきます。

そこにごく軽くみつばちの針を打っていきます。

さらに一般的な肩こりのツボにも針を刺しました。

待合室にもどり、お茶を飲んで休んでもらい、
しばらくして肩を動かしてもらいます。

すると

「腕が動く!痛くない!」

と驚いていました(^^

数日すると、少し痛みが戻るかもしれません。

でもまた治療すると痛みが治まります。

何度かやっているうちに、ほどんど
痛みが気にならなくなる方が多いです。

整形外科、鍼灸、整体などの治療もいいですが、
蜂針療法の即効性や効果の高さにかなうものは
ないのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました