チャングムの誓い:味覚障害を蜂針療法で治す

蜂針療法

今日もやまぐち美蜂のブログをご覧いただき
ありがとうございます。

さて、あなたは韓流に興味がありますか?

私はまったくありません(^^;

でも以前少しだけ気になった韓流ドラマが
ありました。

「チャングムの誓い」です。

かつて韓国の人気ドラマだった「チャングムの誓い」
の中で、主人公の宮廷料理人が味覚障害になります。

そこで医官が、みつばちの針を内関という腕の内側の
ツボをと舌を刺す治療をします。

さらにみつばちの毒を消す薬も使いました。

すると数日後に、主人公の味覚が回復するという
シーンがあったからです。

日本にみつばち針治療・蜂針療法が入ってきたのは
大正時代のことです。

でも、みつばち針治療は海外では古くからあり、
韓国や中国では盛んでした。

みつばちの針を体に刺し、蜂毒が体に入ると

  • 経絡が刺激される
  • ツボが刺激される
  • 気血の流れがよくなる
  • 体が温まる
  • 新陳代謝が活発になる
  • 痛みが和らぐ

などの効果があります。

私は味覚障害の方を施術したことはありません。

しかし腰痛、肩こり、ひざ痛、リウマチ、関節痛など
を始め、悪性腫瘍などにも著しい効果をあげてきました。

近年ではワシントン大学の研究で、HIVウイルスを
退治することも明らかになっています。

Nanoparticles loaded with bee venom kill HIV

みつばち針治療と聞くと、痛い、怖いという
イメージが強いかもしれません。

でも日本で蜂針療法をやっている方は、ピンセットで
みつばちの針を抜いて、ごく軽く皮膚に刺します。

だから痛みやかゆみは最小限で、大きな効果を
実感できるやり方です。

まずは一度体験してみることですね。

 

タイトルとURLをコピーしました