ビワの葉温灸とミツバチ針治療を併用すると・・・?

蜂針療法

やまぐち美蜂のブログをご覧いただき
ありがとうございます!

私のところでは、みつばちの針を使った
蜂針療法に力を入れています。

蜂針療法の守備範囲はかなり広く、肩こり、腰痛、
ひざ痛、神経痛などから

リウマチ、慢性疲労症候群、肝炎など難病にも
効果が期待できます。

ガンが小さくなった、要検査だったのに検査が
必要なくなった、という例もあります。

近年ではワシントン大学医学部の研究により、
みつばちの毒がHIVウイルスを、まわりの細胞を
傷つけることなく破壊することが明らかになりました。

とはいえ、蜂針療法だけでは患者さんの要望に
応えられないこともあります。

そこで私のところでは、ビワの葉温灸を
使うこともあります。

ビワの葉の薬効が高いことは古くから知られています。

お釈迦さまがビワの葉を患部に当てる
治療法を弟子たちに教えたとか!?

そのためビワの葉を使った療法は、仏教とともに
日本に伝わったと言われています。

ビワの葉にはビタミンB17が多く、がん治療に
かなりの効果をあげています。

私のところで使っているビワの葉温灸器は、
熱でビワの葉エキスを体に中に浸透させます。

するとつらい痛みを緩和したり、疲れをとったり。

喘息の症状が楽になったりします。

何より気持ちがいいのです。

「医者いらず」と言われる地方もあるくらいですから、
本当に頼りになるのです。

機会があったらぜひ試してほしいです。

タイトルとURLをコピーしました